【体験談】カランメソッド ステージ4 時間と費用・効果

「カランメソッドのステージ4はどれくらい時間とお金がかかるんだろう?」

「ステージ4が終わる頃にはどんな感じに英語が上達するかな?」

今回の記事は、このような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

この記事を読むメリット

カランメソッドステージ4にかかる時間・費用・大まかな内容・効果が分かる。

こんにちは。灯子と申します。

2018年にTOEIC810点を達成したものの英会話が苦手だった私は、2020年10月にオンライン英会話のネイティブキャンプでカランメソッド始め、現在はカランメソッドステージ5に取り組んでいる最中です。

カランメソッド+スピーキングのレッスンを継続することで、確かな効果を感じられるようになりました。

こんな私がステージ4で実際にかかった時間や費用、感じた効果などをシェアさせていただきます。

カランメソッドにご興味のあるあなたの参考になれば嬉しいです。

なお、カランメソッド レベルチェックテストの体験談やステージ3・5・6の体験談については、これらの記事もご参考になさってみてくださいね。

カランメソッド ステージ4について

カランメソッド ステージ4にかかった時間

まず、私がカランメソッド ステージ4にかかった時間をご案内します。

・new work (新しい内容) : 20レッスン

・full stage revision (そのステージの総復習) : 6レッスン

 計 26レッスン

25分 × 26レッスン = 10.83333… ≒11時間弱

私の場合は1日に平均して1~2レッスン受けていたので、1ヶ月弱でステージ4を終えることができました。

レッスンの間隔が短いほど取り組んだ内容が記憶に残りやすいので、スピーディーに進められるかなと思います。

カランメソッド ステージ4にかかった費用

次はステージ4を終えるのにかかった費用についてご紹介します。

・ネイティブキャンプ 月会費6,480円

・レッスン予約費用 700円

・テキスト代 ( eBook版 ) 1,600円

 計 8,780円

ネイティブキャンプの月会費6,480円(税込)に加え、カランメソッドのレッスン予約のための追加費用とテキスト代がかかりました。

追加費用は通常であれば26レッスン×100コイン=2600コイン、つまり5,200円ほどとなります。

そのためステージ4を約1ヶ月で終えるとすると、6,480円+5,200円=11,680円かかることになります。

しかし!なんと、私がステージ4に取り組んでいた時期がちょうどネイティブキャンプの「クリスマスキャンペーン」(レッスン履歴のない講師との予約レッスンが実質無料になるというもの)が重なったため、実際には予約のための追加費用はわずか700円で済みました。

実質8,780円でカランメソッドステージ4を受けられ、かつスピーキングや5分間ディスカッションのように「今すぐレッスン」で受けられるカランメソッド以外のレッスンも積極的に受けられたので、コスパはとても良かったと実感しています。

ネイティブキャンプは今回のようなお得なキャンペーンを年に何度か行っているので、ありがたすぎて震えるほどです。

費用を抑えてカランメソッドに取り組みたい方は、こういったキャンペーンにタイミングを合わせて集中的に取り組むのもオススメだと思いました。

お得なネイティブキャンプの無料体験はこちらになります。↓

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!

カランメソッド ステージ4の大まかな内容

カランメソッド ステージ4では、ステージ3までで学んできた日常的な語彙に加え、以下のような内容を学びます。

・不規則動詞の過去形 (We spoke, I came など)

・未来形 (I will, He is going to など)

・現在完了形 (I have seen など)

・仮定法現在 (If he sees …, he will say …)

・仮定法過去 (If they were …, they would … など)

これらの文法を英語で学んでいく上で、知っていると役立つ英単語を下に挙げます。

また、個人的にではありますが、初心者の方には初見で意味が分かりにくいかもしれないと感じた単語も挙げてみましたので、良かったら参考にしてみてくださいね。

英文法に関する英単語:ステージ4

Irregular verbs 不規則動詞

future tense 未来時制

infinitive without ”to” 原型不定詞( = 動詞の原形です)

past participle 過去分詞

present perfect 現在完了

past simple 過去形

1st Conditional 仮定法現在

2nd Conditional 仮定法過去

その他の英単語:ステージ4

common 一般的な

fire 暖房器

obtain手に入れる

fetch 行って取ってくる・〜を手に入れる

willing 快く〜する

bush 低木の茂み

in 3month’ time 3ヶ月後に

head 元首

in company 人前で

duration 継続時間

coal 石炭

book 予約する

use 用途・効用

crime 犯罪

guilty 有罪の

innocent 無実の

excessive 度を超えた

lovely 素晴らしい

in general 一般に

necessarily 必ずしもでない(否定文で)

branch 枝・支店

intention 意図

ordinary 普通の

surround  取り囲む

probable ありそうな

improbableありそうもない

construction 構文

カランメソッド ステージ4を終えて感じた効果

次に、あくまで個人的な感想ではありますが、私の感じたカランメソッドの効果を紹介させていただきますね。

アウトプットと組み合わせることで、スピーキングの苦手意識が解消!

カランメソッドは、自由にアウトプットできる英会話レッスンと併用するのが推奨されています。

そのため私はステージ4を進めながら、スピーキング力を強化できるレッスンも積極的に取るようにしていました。

最初は新出単語やフレーズを使って作文するのが苦手だったため、講師に例文や模範回答を示してもらうこともしばしばでしたが、ステージ4が終わる頃にはシチュエーションに合った英文を比較的スムーズに作文できるようになりました。

また、テーマに沿った自由なディスカッションの際も講師からの質問の内容の解像度が上がったようで、まず文法的に正しい文で自分の結論を伝え、それから具体例を出すというように自信を持って理論的に回答できるようになりました。

もちろん、教材に出てくる単語が一目で全て理解できると言うわけではありません。

ただ、知らない単語が出てきても「このフレーズに馴染みがないのですが、こういう意味ですか?」と他の単語を使って言い換えたり、「この単語はこういう使い方で合ってますか?」と例文を作ってみたりと、分からないなりに自分で解釈して使ってみるだけの積極性が育ってきたと感じています。

カランメソッドを始める前は質問に対して単語だけで答え、言いたいことを講師にほぼ代弁してもらったこともあったので、それと比較するとアウトプット力が着実にアップしたかと思います。

また、レッスン中に講師からスピーキング力や流暢さを評価してもらえることも増えたので、それも自信につながって良い循環が始まっていると感じています。

TOEICのリーディングパートのスピードが上がった?

もう一つの効果は、TOEICの問題を解いたときに実感できました。

2021年2月に約2年半ぶりにTOEICを受けることになったので、カランメソッドステージ4を終えたところでTOEIC公式問題集7のTEST1を本番と同じ時間制限を設けて解いてみました。

結果、リスニングの素点が88、リーディングの素点が82で参考スコア範囲は「780~910」となりました。ちなみに前回(2018年)のスコアは810点でした。

今回の模擬テストまでにやったことといえば、カランメソッドとスピーキングなどのレッスン、TOEIC頻出単語帳を少しとTOEIC公式のポッドキャストを聞くくらいです。

空白期間が長く、TOEICに特化した対策もあまりできていなかったにもかかわらず前回のスコアとほぼ変わらない結果になったのは、カランメソッドのおかげではないかと思っています。

なぜなら、前回TOEICを受けたときは時間が全く足りず、パート7の大問5つくらいは塗り絵になってしまっていたのですが、今回は大問1つ残して問題を解き終わることができたからです。

このように以前より問題文を読むスピードが上がったり、一度で意味を掴めるようになって何度も読み返すことが少なくなったのは、カランメソッドで様々な英文の型を繰り返し学んで身に付けた効果だと感じています。

ただ、TOEIC点数アップのためにカランメソッドが有効な学習方法かというと、効果があるのは間違いないものの、やや遠回り感があるかな?と感じています。

以前ネイティブキャンプのカウンセラーさんに教えていただいたのですが、カランメソッドは総合的な英語力の底上げになる一方、TOEICはあくまでビジネスに関するテストのため、限られた学習期間で効率的に点数を上げたいときはやはりTOEIC対策専用の教材をメインに据えた方が良いとのことでした。

私も今後のTOEICに備え、TOEIC頻出単語集や公式問題集にシフトしつつカランメソッドにも継続的に取り組もうと考えています。

以上、カランメソッドで感じられた嬉しい効果をご紹介させていただきました。

まとめ

カランメソッド ステージ4について色々なことをシェアさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

学習をする上で少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです。

私が取り組んでいるカランメソッドにご興味のある方は、一度ネイティブキャンプの無料体験を試されてみてくださいね!↓

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!

では、最後までお読みくださりどうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA