ネイティブキャンプでカランメソッドの効果を検証【ポンコツの私が体験】

「ネイティブキャンプのカランメソッドに興味があるけど、レッスンが厳しいらしい。もし挑戦して、できなくて恥かいたら嫌だな」 

「とにかく英語を話せるようになりたい。今は自信がないけど、カランメソッドをやったら本当に効果があるのかな?」

この記事は、こんなお悩みをお持ちの方に向けて書いています。

こんにちは。灯子と申します。

この記事を読むメリット

ネイティブキャンプでカランメソッドを受講するメリットや効果、注意点がわかる。

ネイティブキャンプに入会して1ヶ月半、約20回のレッスンを経てステージ2を終えた私(TOEIC800点超えでも英会話ができない残念な人)が実体験に基づいてご説明します。

先に結論をお伝えすると、こうなりました。

結論
  • 費用面でのメリット

他のオンライン英会話サービスと比較すると、ネイティブキャンプではカランメソッドを安価で受けられるのでオススメ

  • レッスンの厳しさ

スパルタというほどではないので心配しないで!講師はあなたに合わせて進めてくれる

  • 効果

個人的にはリスニング、瞬発力アップを実感!

  • 注意点
  1. 復習が大切、予習はオススメしません
  2. 英文法を忘れてしまった人はあらかじめ中学の文法を復習しておくと安心
  3. 身につくのはあくまで英会話の「型」なので、実践のために普通の英会話のレッスンにも併せて取り組むのがオススメ

ネイティブキャンプ とカランメソッドについて

まず初めに、ネイティブキャンプは業界初の定額レッスン無制限で大人気のサービスです。

予約無しで24時間、世界各国の講師陣から英会話のレッスンが受けられます。

そしてネイティブキャンプはカランメソッドの正式提携校になっており、ホームページではカランメソッドについてこのように説明されています。

・カランメソッドは、通常の4倍のスピードで英語が習得できると言われている画期的な英語教授法であり、特に日本人の苦手なスピーキング力を鍛えたい方には打ってつけのメソッドです。

・授業中に無駄話や沈黙が入る暇もないため生徒の話すスピーキングの量は通常のレッスンのまさに4倍!

・カランメソッドの最大の特徴はリスニングを頼りにレッスンが進む点にあります。

・母国語で考えるというプロセスを防ぎ、英語を日本語なしに理解し、素早く反応するための英語脳を鍛えることができます。

(ネイティブキャンプ 公式ホームページより抜粋)

「無駄話や沈黙の入る暇のない、日本語を挟まずに英語で理解するメソッド」…と聞くと、なんだか厳しいスパルタ方式のレッスンになるのかな?と思ってしまいそうですね。

本当にスパルタなのか、次の章以降で詳しくご紹介して行きますね。

ネイティブキャンプのカランメソッドは他と比べてお得?

次に、お金のことについて調べたことをシェアさせてくださいね。

オンライン英会話サービスでカランメソッドの正式認定校は現在3つあるので、体系の異なる各社の料金を1ヶ月あたりの料金で比較してみます。

価格は全て税込です。

カランメソッドにかかる費用 ①ネイティブキャンプの場合

まず、ネイティブキャンプでカランメソッドを受講した場合の料金がこちらです。

月額料金6,480円+別途予約のためのコイン料金(1レッスンにつき100~200円)(税込)

毎日カランメソッドの予約レッスンを受けたとすれば、1ヶ月で6,000円かかるので(200円×30日)、6,480+6,000=12,480円 となります。

また、「カラン半額講師」を選べば、なんと6,480+3,000=9,480円となります。

ネイティブキャンプではカランメソッドとは別に無制限にレッスンできるので、コスパは文句無しに1番だと言えますね。

気になった方のために、ネイティブキャンプ の無料体験はこちらです↓

ネイティブキャンプ

カランメソッドにかかる費用 ②QQEnglishの場合

次に、QQ Englishでカランメソッドを受講した場合には料金はこのようになります。

月4回コース 2,680円(200ポイント)

月8回コース 4,380円(400ポイント)

月16回コース 7,348円(800ポイント)

月30回コース 10,648円(1,500ポイント) (すべて税込)

QQ Englishでは月額料金でポイントを購入するシステムを採用しており、講師によって消費ポイントが異なります。

上に挙げた月当たりのレッスン回数は、50ポイントの講師を選択した場合のため、75ポイントや100ポイントの講師を選択した場合は受講回数が減ることになります。

QQ Englishでカランメソッドに取り組む場合、10,648円の月30回コースにするのがコスパが良さそうですね。

QQ Englishの無料体験はこちらです↓

【QQ English】安心の日本人サポートとレッスン保証制度

カランメソッドにかかる費用 ③新・お茶の間留学の場合

最後に、NOVAのオンライン英会話「新・お茶の間留学」でカランメソッドを受講した場合、料金はこのようになります。

月8回 7,860円

月12回 11,550円 (すべて税込)

新・お茶の間留学のカランメソッドに関する料金設定は、残念ながらネイティブキャンプ・QQ Englishと比較すると割高と言えるでしょう。

気になった方のために、新・お茶の間留学の無料体験はこちらです↓

新・お茶の間留学

以上、3社の料金比較でした。

費用の面で考えるとネイティブキャンプの一人勝ちと言えそうですね。

私の英語力と、カランメソッドを始めた理由

残念エピソードからの決意

さて、ここで個人的な体験談となりますが、私がカランメソッドを始めた理由についてお知らせさせてくださいね。

私は社会人になってオンライン英会話とTOEICの勉強を始め、TOEICは最高810点を獲得した経験がありました。

しかし、実践の場になると緊張のあまり適切な英語が出てこず、後になって「ああ言えばよかった」と後悔する典型的な英会話コンプレックスでもあります。

こんな私は英会話にまつわる残念エピソードにことかきません。

例えば以前教育機関でパート勤務していたときに、留学生を他部署に案内する機会がありましたが、担当者が離席していため留学生を少しお待たせしてしまったことがありました。

そのとき思わず私の口をついて出た言葉は

”I’m sorry to waiting for you.(あなたを待っていてすみません)”

はい。文法も派手に違うし、なんならストーカーみたいですね。

正しくは

”I’m sorry to keep you waiting.(お待たせしてすみません)”

というべきところです。

しかし相手の留学生は”Oh, It’s OK!” と大人な対応で返してくれました。

このように、お勉強は得意でも実践ではダメダメな私にとって、「英語脳とスピーキングが鍛えられる」というカランメソッドはまさに願ったり叶ったりの学習法のように思え、早速ネイティブキャンプのレベルチェックテストにチャレンジすることになりました。

カランメソッドのレッスンはスパルタ?実際に試してみた結果

無料体験登録〜カランメソッドの詳細を見ておののく

嬉しいことに、多くのオンライン英会話サービスは無料体験が2回なのに対し、ネイティブキャンプでは7日間のトライアル期間中があります。

また無料期間中にカランメソッドのレベルチェックテストが受けることができ、さらに特典で付与される予約用の500コインを使ってカランメソッドを実際に試すこともできます。

ただし、無料体験登録にはクレジットカードを登録する必要があり、無料体験期間の7日間を過ぎると自動的に有料プランに移行して課金が始まってしまうので、どうぞご注意くださいね。

私は無料体験登録を済ませ、生徒からの評価が「4.95」のフィリピンの女性の先生に早速レベルチェックテストの予約をしました。

レベルチェックテストの予約やその他のレッスン予約は、ネイティブキャンプホームページの上部「講師を探す・予約」(右上の虫メガネのアイコン)から「予約/日時別講師検索」を選択し、都合の良い日時や条件を指定して取ることができます。

さらに、カランメソッドの内容や使い方を知らずに受講しても効果は半減してしまうらしいので、事前にネイティブキャンプの「カランメソッド受講方法」ページを熟読します。

しかしカランメソッドのルールを読めば読むほど、これまで自分の受けてきたオンライン英会話のレッスンと違うような気がして緊張が高まりました。

講師は質問を2回繰り返し、回答を与えながら生徒を引っ張ります

・注意:翻訳は絶対にしない!

・テキストを見ることができません。

・フルセンテンスで答える

・スピードが大切! 講師・生徒共にレッスンを止めてはいけない

・生徒のどんなミスも見逃さず、即座に何度でも修正します

・レッスン中に質問を受け付けることはありません

・生徒が講師に注文をつけることはできません

(ネイティブキャンプ 公式ホームページより抜粋)

悪い予感が小心者の私の脳裏をよぎります。

「自分が答えられなくてレッスンが止まってしまったらどうしよう…」

「講師の話すスピードがとにかく早いらしいけど、全然聞き取れなかったら恥ずかしいな」

「講師が怖くてピリピリした雰囲気だったら嫌だな…」

緊張ピークのレベルチェックテスト

不安を抱えながらのレベルチェックテスト開始です。

PCのレッスン画面に講師のビッグスマイルが現れ、緊張が少しほぐれました。

Hi ! Welcome to Native Camp ! How are you today ?

スタンダードな振りから会話が始まります。

私が

I’m fine, but I’m a little bit nervous because I’ll have a level check test…

と答えると、講師はニッコニコ笑顔で

「大丈夫、ただのレベルチェックだから緊張することないのよ。リラックスしてね!カランメソッドは世界中で人気のメソッドだから、これを選んだあなたの選択は正しいわよ!

とフォローしてくれました。

レベルチェックテストを始める前に、講師から

「カランメソッドのレベルチェックは初めて?他社でもう受けた?」

「カランについての説明はもう読んだ?」

などいくつか聞かれ、カランメソッドのルールを説明してもらいました。

こちらはPCのレッスン画面にも日本語でガイダンスも出ているので問題ないかと思います。

そして、ついにレベルチェックテストが開始しました。

(講師) Is this a pen? Is this a pen?”

(私) No, it isn’t a pen. It’s a pencil.”

最初は簡単なやり取りから始まり、段々難しい質問へと移っていきます。

(講師) Are we sitting on the floor? Are we sitting on the floor?

(私) No, we aren’t sitting on the floor. We are sitting on the chair.

(講師) Are there few people in a large city? Are there few people in a large city?

(私) No, there aren’t few people in a large city. There are many people in a large city.

講師の話すスピードは事前の説明通り早く、質問が聞き取れないともちろんなんと答えて良いのか分かりません。

しかし、講師が質問の直後に自ら答え始めるので、それについて発話する感じで大丈夫でした。

また、講師は早口ですが笑顔を絶やさず、ジェスチャーを交えつつこちらの様子を確かめながら進めてくれました。

高速のやりとりが続き、最後の方は、”do”の完了形が何か、というような質問だったようですが、英語の文法用語が分からなかった私は講師の回答をかろうじて復唱するだけになってしまいました。

「自分、完全についていけてない…」

と絶望したところでレベルチェックテストは終了しました。

テストを受けた正直な感想は、

「質問に対して瞬時に同じ文法構造で答えるってめちゃくちゃ難しい!」

でした。

講師が2回質問してくれるので、1回目が聞き取れず2回目でおぼろげに質問内容がわかったとしても、同じ文法構造で回答するためには「主語は単数か複数か、時制は何か、冠詞は”a” か”the”か」など、複数のことに注意しながらリスニングしていなくてはならないのです。

今の自分はリスニング力、スピーキング力ともに足りていないんだ…と実感させられました。

とは言えレベルチェックテストは思いの外早く終わったので、緊張から解放されほっと一息つきました。

その後、講師がカランメソッドや教材の説明のリンクを送ってくれ、続いてカランメソッドのデモンストレーションをしてくれました。

講師から“Listen”, ”Repeat”, ”Practice” と指示が出るので、その指示に従って簡単な質問と応答を繰り返していきます。

(講師) Is this a table? Is this a table?

(私) No, it isn’t a table. It’s a box.

応答自体は簡単なはずなのに、リスニングを頼りに講師の指す絵だけを見て答えるせいか、改めていまいち自分の回答に自信がない感じがします。

「これでもTOEIC800点とったのに…」と情けない気持ちで一杯になりましたが、逆に言えば、カランメソッドを攻略すればグッと自分の英語力に自信が持てるかもと淡い期待を抱き始めつつ、レッスン終了となりました。

すぐに講師からメッセージが送られてきて、レベルチェックテストの結果、自分は「ステージ2」から受講するように指示がありました。

以上が私のレベルチェックの体験談になります。

終わってみると、正直「最初からあんなにビビる必要はなかったかも!」と感じました。

皆さんは私のようにあれこれ心配しすぎず、ぜひ気軽に受けられてみてはいかがでしょうか。

ステージ2からステージ3へ進み、実感したことは?

レベルチェックテストから約1ヶ月半、カランメソッドを続けてステージ2からステージ3に進んだので、私なりに感じた感想や効果、注意点をお伝えしますね。

カランメソッドは卓球のラリーみたいで楽しい!

まず、始める前に抱いていた「厳しいレッスンだったら怖い」という私の不安は良い意味で裏切られました。

ネイティブキャンプの講師は、いつも笑顔で身振り手振りを交えてわかりやすく質問してくれます。

早口の度合いは講師によっても違いますが、講師はきちんと生徒の答える様子やスピードを観察していて、生徒に合わせてレッスンを進めていると感じます。

訛りのある講師だと単語が聞き取れないこともありますが、その単語を使った文章を2回繰り返すので文脈から予想できます。

また、文法構造を意識しつつ講師の質問を聞き取ろうとすると、自然と集中力が高まります。

それに講師と生徒でスピーディーに応答を繰り返していると、不思議なリズムが生まれ、まるで卓球で高速ラリーを続けているような楽しさを感じられます。

カランメソッドの効果 私にはあった!

個人的にはカランメソッドのおかげでリスニング能力や英語に対する瞬発力がアップしたと感じています。

また細かいことかもしれませんが、”generally”などの副詞の文中での位置や、”a”と”the”の違いが曖昧だったこと、あるいは分数や小数点の表現が苦手なことなど、自分の弱点に気づかされました

これも圧倒的な英語の応答をこなすカランメソッドならではのメリットだと感じます。

このような効果が感じられたので、英語を英語のまま捉える「英語脳」をより鍛えるためにもこのまま全ステージ修了を目指そうと思っています。

(追記)

その後ステージ3, 4, 5, 6を終えることができたので、それぞれのステージの概要や感じられた効果を記事にしました。

ステージを進めていくごとに失敗をやらかしたりやる気を喪失したり、また素晴らしい効果を実感したり…の、山あり谷ありの体験談です。

よかったらこちらも併せてご覧になってみてくださいね。

カランメソッドに取り組む際の注意点

復習は必須!

カランメソッドに取り組む上で重要なのは、ずばり「復習」です。

カランメソッドのレッスンは、最後5分のリーディング以外の時間はリスニングとスピーキングのみでスピーディーに進むので、レッスンを終えた後の心地よさに流されて復習を忘れがちになってしまうのが、個人的には危険だと思いました。

レッスンのときに理解があやふやなまま講師の回答を復唱しただけの部分は、レッスン後にテキストで確認して文章の精読・音読・シャドーイングを繰り返すのを忘れないようにしてくださいね。

また、カラン機構のカラン自習用プラットフォームでは、ディクテーション(聞き取りとライティング)を自習で行うこともできるのでとてもお役立ちだと感じました。

普段レッスンする講師のイントネーションとカラン機構のネイティブのイントネーションが違っていることにも気付けましたし、自分の声も録音・再生ができるので、ちょっと恥ずかしいですが客観的に自分のイントネーションを確かめられるのは新鮮でした。

ちなみに、カランメソッドは予習をすると質問内容や回答を覚えてしまい、返ってレッスン中の集中力を欠いてしまうかもしれないので個人的にはオススメしません。

カランメソッドの前に、中学校英語の振り返りを

こちらも要注意なのですが、英語で英文法を勉強したことのない方は英文法に関する単語(noun, verb など)に戸惑ってしまうかもしれません。

そのため「英文法忘れちゃってるかも」という方は、中学で学ぶレベルの英語の本に1冊取り組んでからカランメソッドを始められると安心かと思います。

それは、中学英語がきちんと身についていれば講師の説明を聞いていてもなんとなく「あ、いま講師は比較級の話をしているな」などとおぼろげに理解できるからです。

ちなみに中学校英語の復習をされたい場合、私のオススメはこちらの本です。

  • 中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

こういった本で基礎的な英文法を思い出したら、カランメソッドにトライしてみましょう。

学校教育で学んできた基本的な単語と英文法を、カランメソッドでリスニングを駆使して改めて学び直すのは、大人のやり直し英語にもぴったりだと思います。

他のレッスンも並行して効果アップを目指そう

もう一つカランメソッドで重要なことは

「カランメソッド以外アウトプットの場を作る」

ということです。

具体的には、大まかなトピックが決まっていて比較的自由にディスカッションができるようなレッスンが適していると思います。

なぜなら、カランメソッドのレッスンでは圧倒的な発話量と反復によって英会話の「型」を習得できますが、英会話が生きているものである以上、自由にやりとりができるレッスンにも取り組んでこそ、カランメソッドで培った英語力が効果を発揮すると考えらるからです。

カランメソッドの効果で文法構造的に正しい英語がしっかりと身についていれば、今までの自分より自信を持って英会話に臨めそうですね。

結論

結論
  • 費用面でのメリット

他のオンライン英会話サービスと比較すると、ネイティブキャンプではカランメソッドを安価で受けられるのでオススメ

  • レッスンの厳しさ

スパルタというほどではないので心配しないで!講師はあなたに合わせて進めてくれる

  • 効果

個人的にはリスニング、瞬発力アップを実感!

  • 注意点
  1. 復習が大切、予習はオススメしません
  2. 英文法を忘れてしまった人はあらかじめ中学の文法を復習しておくと安心
  3. 身につくのはあくまで英会話の「型」なので、実践のために普通の英会話のレッスンにも併せて取り組むのがオススメ

まとめ

今回はネイティブキャンプのカランメソッドについてシェアさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事があなたの英語学習の参考になれば幸いです。

では、最後までお付き合いくださりどうもありがとうございました。

もしもネイティブキャンプに興味を持たれたら、こちらのリンクから無料体験をどうぞ!↓

ネイティブキャンプ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA