【2021比較】DMMとネイティブキャンプ、違いが分かるポイント5つ

「オンライン英会話ではDMMとネイティブキャンプが有名みたいだけど、結局どっちがいいの?」

「今はDMM会員/ネイティブキャンプ会員だけど、乗り換えるものアリかな?」

今回の記事は、こういった疑問をお持ちの方に向けて書きました。

この記事を読むメリット

複数のオンライン英会話経験がある私の体験に基づく比較を読むことで、どちらのサービスが自分に合っているか分かる。

こんにちは。灯子と申します。

私はネイティブキャンプ会員歴7ヶ月、これまで200回以上のレッスンを受講してきて、ネイティブキャンプのサービスにはおおむね満足しています。

しかしその一方で、お客様満足度1位を獲得しているDMMの存在もすごく気になる!

ということで、今回DMM英会話で約1ヶ月レッスンを受けて様々な講師と教材にチャレンジしてみました。

その体験や調べた内容をもとに、「料金・講師・レッスン・教材・学習サポート体制」の5つのポイントから両社サービスを比較してみました。

その結果を結論から言うと、それぞれのサービスをオススメしたい人は下の通りになりました。

DMMがオススメな人

・仕事などで忙しく、1日に決まった数だけレッスンを受けたい人

・格安でネイティブとのレッスンを受けたい人

・費用を月額料金のみに抑えたい人

・安定した質の講師と教材をリーズナブルに利用したい人

ネイティブキャンプがオススメな人

・コスパ重視で、1日に2レッスン以上受けられそうな人

・カランメソッドを試したい人

・主にスマホで受講したい人

・家族でお得に英会話を始めたい人

ではここから、ポイントごとに比較した内容をシェアさせていただきますね。

皆さまのオンライン英会話選びの参考になれば幸いです。

比較ポイント1:DMMとネイティブキャンプの料金、どちらがお得?

まずは、一番気になる金銭面から2つのサービスを比較していきましょう。

両社ともオンライン英会話業界では最安値の部類に入りますが、それぞれ全く違う料金体系になっています。

※価格は全て税込です。

DMMの料金

スタンダードプランプラスネイティブプラン
毎日1レッスン6,480円15,800円
毎日2レッスン10,780円31,200円
毎日3レッスン15,180円45,100円

※家族割引:無し

DMM英会話の料金体系の大きなポイントは、「1日のレッスン数」と「ネイティブ講師とレッスンできるか」の2点です。

スタンダードプランではフィリピン講師を始め、欧州・アジア・南米国籍などの講師を自由に予約することができますが、アメリカ・イギリス国籍などネイティブスピーカーの講師のレッスンを受けることはできません。

ネイティブスピーカーと会話したい人は、ネイティブ講師や日本人講師とのレッスンが受けられるプラスネイティブプランに入会する必要があります。

こちらのプラスネイティブプランはネイティブ講師とのレッスン単価が500円台と破格になっていて、レッスン数が増えるとさらにお得になっていきます。

なお、スタンダードとプラスネイティブのどちらのプランに入会しても「瞬間英作文」などの出版社の人気教材も全て無料で利用できるため、「月額料金に加えて後からどんどん費用がかさまない」という点がユーザーにとって分かりやすく良心的だと思います。

注意点は、レッスンを受けられなかった日があってもその分を翌日以降に振り替えることができないところです。

レッスンを受けられない日が続くとその分レッスン単価が高くなってしまうため、毎日コツコツレッスンを受けられる方によりオススメできると思います。

ネイティブキャンプの料金

プレミアムプラン6,480円
ファミリープラン 1,980円
予約レッスン(非ネイティブ講師)200円
予約レッスン(ネイティブ講師)800〜1,000円

ネイティブキャンプの料金はレッスン無制限受け放題の「プレミアムプラン」のみになっています。

(「スタンダードプラン」に対して「プレミアムプラン」があるわけではないのですね。)

いつも「今すぐレッスン」可能な講師が何十人も待機していて、24時間何回でもレッスンができてしまうという、いまだかつてないシステムです。

この「今すぐレッスン」にはネイティブ講師も含まれる、というのがさらに驚きですね。

ちなみに私はネイティブキャンプの会員ですが、1日のレッスン回数最高記録は10回で、現在は平日に1~2レッスン受けることが多いです。

ただ、経験上ネイティブ講師については残念ながら「今すぐレッスン」の空きに遭遇するチャンスがほぼほぼありません!

そのため、ネイティブ講師とレッスンしたい人は別途「コイン」を購入して予約を取る必要があります。

この「コイン」は500コイン=1,000円から購入でき、コイン数が多ければお得に購入できる仕組みになっています。

また「お気に入りの講師ができたのであらかじめレッスン予約をしたい」という場合もコインの購入が必要になります。

さらに、ネイティブキャンプで1番人気と言われるカランメソッドの受講にはレッスン予約・教材購入が必須のため、月額の支払いのみでは受講できないのでご注意くださいね。

カランメソッドステージ1~12までの全ステージを修了しようと思うと、総額で数万円はかかります。

ちなみに私は現在カランメソッドのステージ6に取り組んでいるので、これまで実際にかかった費用などについては、良ければこちらの記事もご参考になさってみてくださいね。

また、ネイティブキャンプの費用面でのもう一つのメリットは、「ファミリープラン」の存在です。

こちらはプレミアムプランの会員の家族は月額1,980円でサービスを利用できるという割安のプランで、「子供を英会話教室に通わせたいけど時間が合わない」「夫婦で英会話を楽しみたい」といったニーズをお持ちの人にぴったりです。

結論:ネイティブキャンプのコスパは最強!

費用の面での結論としては、ネイティブ講師にこだわりがなければ、レッスン受け放題のネイティブキャンプが圧倒的にお得と言えるでしょう。

逆に「日常的にネイティブ講師からレッスンを受けたい」という方にはDMMの方がぐっとリーズナブルになっています。

両社の無料体験レッスンは?

DMMでは無料で2回の体験レッスンを受けられます。

また2回の無料体験レッスンのうち、1回だけ日本人講師のレッスンを受けることができるので、自分のレベルや目的にあった教材を教えてもらうなどの学習相談もできるのがとても魅力です。

また、レベルチェックテストを受けることもできるので、そこから自分のレベルにあった教材を知ることもできてオススメですよ。

DMM無料体験はこちら↓

DMM英会話

なお、DMMの無料体験についてはこちらの記事で詳しくシェアさせていただいています。

ご興味のある方は、よかったらご覧になってみてくださいね。

一方ネイティブキャンプでは1週間無料体験が可能で、その間はレッスン受け放題な上、日本人のカウンセリングも受けることができます。

また特典で500コインがもらえるので、人気講師のレッスンも無料で予約できます。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら↓

ネイティブキャンプ

ちなみに私はネイティブキャンプ無料体験期間に、冷や汗をかきながらカランメソッドのレベルチェックテストを受け、カランメソッドを開始しました。

良かったらこちらの体験レポートも覗いてみてください!

比較ポイント2:DMMとネイティブキャンプの講師はどちらがオススメ?

DMMネイティブキャンプ
講師数約10,000人12,000人以上
国籍133カ国以上120カ国以上
ネイティブ講師プラスネイティブプランのみ予約不要
(予約も可能)
日本人講師プラスネイティブプランのみ
(無料体験時1回だけ受講可能)
予約不要
(予約も可能)

続いて、オンライン英会話の柱になる「講師」について両者を比較してみましょう。

表から分かる通り、両社ともフィリピン人講師を始めとしてセルビア・ボスニア・メキシコ・南アフリカ・インドネシアなどなど、バラエティ豊かな各国の講師が在籍しています。

オンライン英会話の中にはフィリピン人講師のみ在籍のサービスもあり、それと比較すると

・フィリピンの深夜など、時間帯によってはレッスンを提供できる講師が少ない

・フィリピンの祝日に講師数が減ってレッスンの予約が難しくなる

といったデメリットがないのが嬉しいポイントですね。

講師に関する両社の大きな違い

さて、DMMとネイティブキャンプの講師に関する大きな相違点は、DMMでは「プラスネイティブプラン」に加入しないとレッスンが受けられない日本人講師と南アフリカの講師(DMMではネイティブ講師扱いになっています)が、ネイティブキャンプでは予約不要でレッスンが可能という点です。

ネイティブキャンプでは南アフリカ講師日本人講師も常に「今すぐレッスン」で待機しているわけではありませんが、日中の時間帯に受講することの多い私の場合はちらほら遭遇できました!

「これから初めてオンライン英会話を試したい」という人は、外国の講師と英語のみでレッスンが進むことに不安もあるかと思います。

そんなとき、日本語と英語を使い分けながらレッスンを進められる日本人講師は初心者の強い味方になってくれます。

また、南アフリカの講師は訛りの少ないイギリス英語を話すため、別途予約コインを消費せずにレッスンを受けられるネイティブキャンプの体制はありがたいですよね。

個人的にはDMMの講師がオススメ!

そして、肝心の「結局、DMMとネイティブキャンプどちらの講師の質が良いの!?」という疑問について、両社のレッスンを受けた私は

「どっちにも良い先生がたくさんいるけど、自分が純粋に講師だけで選ぶとしたらDMM!」

と答えるでしょう。

実際、DMMにもネイティブキャンプにも、あなたの様子を見て緊張を取り除きながらレッスンを進めてくれる、笑顔弾ける講師がたくさんいます。

その上で強いて言うならば、個人的にはネイティブキャンプの講師陣のレッスンの方が比較的ばらつきがあるかな、という印象です。

例えば、ネイティブキャンプのレッスンでは講師と友達みたいに話して「ああ楽しかった!」で終わったものの、チャットボックスにも何も残らず、講師からのフィードバックもなく…という講師がたまにいらっしゃいます。

もちろん、生徒のミスを聞き逃さず、その場で訂正してくださる先生も大勢います。

それに対して、DMMの講師は概してチャットボックスを活用して生徒が後から復習しやすいようにしてくれたり、レッスンの終了間際の時間帯や「レッスンノート」にフィードバックをきちんと残してくれたりと、より「先生らしい」振る舞いが印象的でした。

(ちなみに私はどちらのサービスでも、「レッスン時は間違いを積極的に指摘して欲しい」と登録しています。)

かと思いきや、あるDMMの人気講師はレッスン後に感動的なメッセージを送ってくれたものの、「レッスンで使われたセンテンス」欄には明らかに私とのレッスンで出てきたものではない文章が並んでいて笑ってしまったこともあります。

これはDMMに限らず、「オンライン英会話あるある」のようですね。

結論:両社試してみて、自分との相性を確かめよう!

結論としては、どちらのサービスでも素晴らしい講師に出会えるのは確実なので、あなたとの相性を見極めるには実際のレッスンをオススメしたいと思います。

両社とも講師は受講した生徒が付けた星の数で評価されていて、生徒からの生の口コミも見られるようになっています。

最初はなるべく高評価の講師とたくさんレッスンをしてみて、その中からお気に入りを見つけていくのが失敗の少ない方法かなと思います。

比較ポイント3:DMMとネイティブキャンプのレッスンはどちらが良い?

レッスンの時間について

DMMネイティブキャンプ
レッスン可能時間帯24時間365日24時間365日
レッスン予約時間レッスン15分開始前までレッスン10分開始前まで
レッスンキャンセル時間レッスン開始30分前までレッスン開始1時間前まで

2社とも大手だけあって、レッスンの時間については柔軟な対応になっています。

その他のポイントは、DMMでは1レッスン25分と時間が固定されているのに対し、ネイティブキャンプではレッスン途中でも退室が可能ということ。

つまり、10分でも15分でもスキマ時間があれば、気軽にレッスンを受けることができます。

予約システムについては、ネイティブキャンプがより柔軟

DMMネイティブキャンプ
当日のレッスンが終わってから
翌日のレッスンが予約可能
1週間先まで最大20レッスン予約可能

予約ルールの柔軟性については、ネイティブキャンプの方が一枚上手になっているかと思います。

具体的には、ネイティブキャンプの予約システムであれば、コインの事前購入が必要になるもののお気に入りの講師のレッスンを事前に押さえておくことが可能です。

一方DMMの予約システムの場合、例えばせっかくお気に入りの講師ができても、当日の夜にレッスンを終えたときにはもう翌日の予約は埋まってしまっている…というケースが多くなりがちです。

こちらについては「お気に入りの講師を複数見つけておく」ことで対策できるかと思いますが、ネイティブ講師・日本人講師以外であれば「プラスレッスンチケット(1枚500円)」を別途購入し、1日のレッスン数を超えて予約することもできます。

受講システムについて:スマホ受講はネイティブキャンプが便利!

DMMネイティブキャンプ
独自の受講システムありあり
スマホアプリ なしあり

続いて、受講システムについて両社を見ていきましょう。

オンライン英会話といえば、昔はSkypeをダウンロードしてレッスンを行うサービスが主流でしたが、今ではDMMもネイティブキャンプもそれぞれ独自の受講システム画面からレッスンを受けることができます。

両社とも一つの画面に教材・講師のビデオ映像・チャットボックスなどが配置されていて素晴らしく見やすいです。

下の画像はDMMのPCレッスン画面です。

※DMM英会話Blog(https://eikaiwa.dmm.com/blog/information/news/eikaiwa-live/)より抜粋

一方、こちらはネイティブキャンのPCレッスン画面です。

※ネイティブキャンプHP(https://nativecamp.net/usage/lesson_display)より抜粋

どちらもとても使い勝手が良いですよ。

一方、両社の違いがはっきり出たのはスマホアプリの有無。

DMMにはスマホアプリがないため、ブラウザからDMMのサイトにアクセスしてレッスンを受ける必要があります。

この点はスマホの画面サイズにもよりますが、やはり操作性の点ではアプリに劣ってしまうと言えるでしょう。

DMM スマホ画面
ネイティブキャンプ スマホ画面

その点、ネイティブキャンプはスマホアプリを提供しているので、予約やキャンセル・レッスン中の画面表示の変更などが格段に操作しやすいです。

自宅にPCやタブレットがなく、主にスマホで受講したいという人には、スマホアプリのあるネイティブキャンプがよりオススメです。

比較ポイント4:DMMとネイティブキャンプの教材はどう?

次は大切な「教材」について比較していきましょう。

DMMもネイティブキャンプもさすが大手だけあって、バラエティ豊かな教材を取り揃えています。

両社が共通して提供しているのは、日常英会話・ビジネス英会話・キッズ英会話・TOEIC・英検・文法・発音・デイリーニュースなどなど。

どれを選べば良いのか分からないくらい教材の種類が多いので、両社のどちらを選んでも失敗する可能性は低いでしょう。

逆に「自分に合った教材が分からない」という人も多いと思うので、DMMなら無料体験レッスンの日本人講師、ネイティブキャンプならカウンセリングに相談されてみるのがベストかと思います。

両社の教材の違いは?

続いて、教材に関しての大きな違いについてお知らせしますね。

TOEICスピーキング・TOEFLスピーキング・ IELTSスピーキングの対策ができる教材はDMMのみになります。

オンライン英会話の目的がこれらの資格対策のためという人は、DMMの方がニーズに合っているでしょう。

また、ベストセラーの「瞬間英作文」教材があるのもDMMだけで、出版社教材も無料でお財布に優しいのが嬉しいですね。

なお、DMMで一番人気の教材「デイリーニュース」は記事の後のディスカッションパートが秀逸で、記事の内容をより深く掘り下げた質問に答えることで、語彙力や英作文の能力を伸ばせると感じています。

一方、カランメソッドが受講できるのはネイティブキャンプのみになります。

また、TOEIC L&R対策の教材や、「続けられる」と評判のアプリ「スタディサプリ ENGLISH」と提携した教材があるのもネイティブキャンプだけになっています。

その他、最近キャンペーンで人気になった「世界一周旅行」という教材は、40か国の国をテーマとしてそれぞれの国の観光名所やグルメ・伝統行事や工芸品を紹介したもので、その国の講師と一緒に取り組めばリアルな現地情報も聞けてプチ海外旅行気分を味わえます。

「せっかく多国籍の講師と英会話をするなら、その講師の国のことも知りたい!」という願いに答えてくれる楽しい教材で、気分転換にオススメです。

デイリーニュースならDMMがイチオシ!

両社の教材を色々と試してきた私ですが、個人的にはデイリーニュースを取ることが多いため、DMMの教材を推したいと思います。

デイリーニュースはネイティブキャンプにもありますが、教材の構成や質問の数・内容などについて、DMMのデイリーニュースの方がよく練られていてやりごたえがあるように感じます。

一方、ネイティブキャンプのデイリーニュースは初めに記事をリスニングするパートがあるので、初心者の方にもチャレンジしやすい構成になっていると思います。

オンライン英会話の目的やお目当ての教材は十人十色かと思いますので、無料体験であえて両社の同じような教材に取り組んでみると比較しやすいと思いますよ。

比較ポイント5:DMMとネイティブキャンプのサポート体制はどんな感じ?

DMMネイティブキャンプ
カウンセリングの有無なし月1回無料 日本人カウンセラー
ユーザー同士のコミュニティなしネイティブキャンプ 広場
無料コンテンツ英語学習アプリiKnow!
なんてuKnow?
スピーキングテスト
聞くコンテンツ
読むコンテンツ
Callanリーディング

継続のためのサポートはネイティブキャンプに軍配

英語学習を始めたものの、独学で継続できるのはほんの一握りの人数と言われています。

そんな中、DMMとネイティブキャンプの両社はオンライン英会話だけでなく、単語学習やカウンセリングなど手厚いサポートまで提供しています。

まず、DMM会員であれば、月々1,510円かかる英語学習アプリ「iKnow!」が無料で利用できます。

こちらは脳科学に基づいて反復学習ができるアプリで、利用者が忘れかけた頃に復習を促してくれるプログラムが魅力的です。

1人で単語帳に取り組んでいても、どのタイミングで復習をすれば記憶に定着するかまでは分からないもの。

それを科学的にサポートしてくれるのは、強力な味方を手に入れたようなものですね。

また、「なんてuKnow?」は「これって英語でどう言ったらいいんだろう?」という疑問に専門家やネイティブスピーカーが回答してくれるサービスです。

他の人の質問と回答を眺めているだけでも勉強になり、「次のレッスンでこう言ってみよう!」と思う表現に出会うことができるのでオススメです。

一方、ネイティブキャンプの会員であれば、毎月1回日本人カウンセラーによるカウンセリングが無料なため、学習に行き詰まったときやいつもの教材に飽きてしまったとき、オススメの講師を知りたい時など気軽に相談する体制が整っています。

私もカランメソッドに取り組んでいて自分の成長に不安を感じたとき、カウンセリングを受けて眼から鱗が落ちる体験をしました。

その時の記事も良かったらご参考になさってみてくださいね。

また、AIがスピーキング力を自動判定してくれるスピーキングテストも月1回無料で受けられます。

なお、「ネイティブキャンプ広場」ではカランメソッドの進め方や講師との関係などについて、会員同士で情報をシェアすることができます。

「カウンセラーに聞くほどではないけど、他の人ってどう復習してるんだろう?」といったユーザー目線で意見を交わせる場があるのは、学習継続のモチベーションを保つのに一役買っていると思います。

その他、無料で多聴・多読が叶う「聞くコンテンツ」「読むコンテンツ」を利用でき、これらと英会話を組み合わせればインプットとアウトプットのバランスが取れることで英語力アップが期待できます。

以上のことを踏まえると、カウンセリングや無料コンテンツなどの内容がより充実しているのはネイティブキャンプだと言えるでしょう。

結論

DMMがオススメな人

・仕事などで忙しく、1日に決まった数だけレッスンを受けたい人

・格安でネイティブとのレッスンを受けたい人

・費用を月額料金のみに抑えたい人

・安定した質の講師と教材をリーズナブルに利用したい人

ネイティブキャンプがオススメな人

・コスパ重視で、1日に2レッスン以上受けられそうな人

・カランメソッドを試したい人

・主にスマホで受講したい人

・家族でお得に英会話を始めたい人

まとめ

DMMとネイティブキャンプについて比較してきましたが、いかがでしたでしょうか?

改めて比較すると、両社ともそれぞれに魅力があって甲乙つけがたいのが正直なところですね。

皆さまも一度、無料体験で両社のサービスの魅力を試されてみてくださいね。

この記事が少しでも皆さまの参考になってくれたら嬉しいです。

では、最後までお読みくださりどうもありがとうございました!

DMMの無料体験はこちら↓

DMM英会話

ネイティブキャンプの無料体験はこちら↓

ネイティブキャンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA